芙蓉ステークス(2003/10/04) のレース情報

基本情報
中山芝・右外1600M
第05回 中山 07日目
9 R
芝・右外1600M
晴  
オープン特別
サ2才(混)(特) / 別定
芙蓉ステークス
16 頭
14:30発走
本賞金) 1,600 - 640 - 400 - 240 - 160 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 310 M
ペース平均:
33
内枠好走:
11
勝タイム:
1.35.3
前半5F:
59.8
後半3F:
35.5
ペース:平均
3 (-13+16)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 大西直宏 55.0 1.35.3 35.5 ----2--1--1 2 3.8 フジキセキ / サクラエンドレス 栗) 中村均  480 0 1 1
02 村田一誠 55.0 1.36.0 36.0 ----4--2--2 4 9.1 チーフベアハート / ミホグレース 栗) 坪憲章  486 -6 3 2
03 21/2 横山典弘 55.0 1.36.4 36.2 ----4--5--4 6 11.9 フジキセキ / エーピーダイヤ 栗) 庄野靖志 474 +2 7 4
04 11/2 坂井千明 55.0 1.36.6 35.9 ---13-14-11 9 68.0 ティンバーカントリー / ミッドナイトオアシス 美) 保田一隆 452 +8 16 8
05 11/4 田中勝春 55.0 1.36.8 36.5 ----4--8--8 1 2.0 ブライアンズタイム / ナイキショウリ 美) 古賀史生 448 +2 9 5
06 クビ 柴田善臣 54.0 1.36.9 36.3 ---13-13-11 5 11.6 Indian Charlie / On the Hook 美) 戸田博文 454 0 4 2
07 3/4 勝浦正樹 55.0 1.37.0 36.7 ----4--8--4 10 76.9 ジェイドロバリー / ロザヴィア 美) 成島英春 488 +8 13 7
08 3/4 後藤浩輝 55.0 1.37.1 36.6 ----8-10-11 3 9.1 ラストタイクーン / カルタクリス 美) 田中清隆 506 +6 11 6
09 クビ 小林淳一 54.0 1.37.2 37.0 ----8--5--4 11 129.7 マヤノトップガン / ハシノホホエミ 美) 柴崎勇  430 0 2 1
10 アタマ 松岡正海 55.0 1.37.2 37.0 ----8--5--8 15 235.7 ペンタイア / ノーザンドライバー 美) 前田禎  448 -2 5 3
11 1/2 中舘英二 55.0 1.37.3 36.4 ---15-15-15 7 46.0 トワイニング / レイナスキー 美) 石栗龍彦 498 +8 6 3
12 21/2 見沢譲治 55.0 1.37.7 35.5 ---15-16-16 16 239.0 アジュディケーティング / ジャカランダ 美) 二本柳俊 394 -3 12 6
13 1/2 郷原洋司 55.0 1.37.8 37.3 ---12-10-11 8 54.4 タイキシャトル / ストームザミント 美) 河野通文 506 +8 14 7
14 1/2 木幡初広 55.0 1.37.9 37.4 ----8-10--8 13 183.1 スキャン / オオミーアキノ 美) 富田一幸 450 +8 15 8
15 11/2 二本柳壮 55.0 1.38.1 38.1 ----1--2--2 14 224.4 リンドシェーバー / カミノハマナス 美) 和田正道 486 +8 8 4
16 13/4 天間昭一 55.0 1.38.4 38.3 ----3--2--7 12 147.3 トワイニング / レイホーダイヤ 美) 星野忍  448 +2 10 5
単勝 1番 (2人) 3.8 枠連 1-2 (4人) 9.2 複勝 1番(2人)
3番(4人)
7番(6人)
1.6
2.5
2.9
ワイド 1-3(5人)
1-7(8人)
3-7(13人)
5.4
6.4
11.7
3連複 1-3-7 (11人) 36.7 馬連 1-3 (6人) 14.7
3連単 馬単 1-3 (7人) 23.8
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 1番マイネルマクロス(中村均調教師)
「厩舎で一番先に勝てると思っていた馬なんですが、なかなか勝てずにきていました。状態も良く脚勢に余裕があるのに抜こうとしない競馬が続き、馬を怖がるのかもしれないと思い、ブリンカーをつけ先に行かせてみました。そうしたら前回うまくいきましたね。これで原因がはっきりしましたから、今回も行ってもらいました。3コーナーの手応えで勝てると思いましたよ。このあとはまだ決めていませんが、1600mの流れで逃げるのはこれからもっときつくなるでしょうから、あるいは2000mくらいの方がうまく逃げられるかもしれませんね。たんぱ杯? いいですね!」
2着 3番マイネルベナード(村田一誠騎手)
「まだまだこれからの馬ですね。今日は前の馬に離されてしまいましたが、いい走りをしていました。これから少しづつ良くなるでしょう」
5着 9番ナイキアロー(田中勝春騎手)
「この馬はあまり気分よく行かせてしまうとよくないのかもしれませんね。距離をもう少し伸ばして、溜めるだけ溜めて最後に末脚を生かしたレースをしたほうがいいのかもしれません」いところが合っていると思います」
2着 ビリーヴ (安藤騎手)
「道中、ゴッドオブチャンスとぶつかって3コーナーで外に膨れてしまう不利があった。直線で一頭になるとフワッとしてしまうことがあるのは分かっていたが、あえて先に抜け出して突き放す競馬のほうがいいと思って突き放しに出たんですが、結果的にそれが裏目に出ましたかね」
3着 アドマイヤマックス (武豊騎手)
「いいレースは出来ましたね。坂を上るときは凄い勢いで届くかなと一瞬思いましたが、坂を上がって止まってしまいました。大外を回るつもりはなく、うまく前が一頭分あいてそこに入っていけたのですが、悔しいですね。でもスプリンターとしての能力を見せてくれましたよ。逆にマイルになるとギリギリかなと思います」
6着 アグネスソニック (四位騎手)
「横山典弘騎手からこの馬の乗り方について『馬の気持ち通りに乗ったほうがいい』と言われたのでその通りのレースをしました。この馬なりに一生懸命走ってくれましたよ」
8着 イルバチオ 

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する