道新スポーツ賞(2003/10/04) のレース情報

基本情報
札幌芝・右2000M
第02回 札幌 07日目
12 R
芝・右2000M
曇   稍重
2勝クラス特別
サ3上(混)(特) / 別定
道新スポーツ賞
14 頭
16:10発走
本賞金) 1,450 - 580 - 360 - 220 - 145 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 266 M
ペース平均:
16
内枠好走:
12
勝タイム:
2.03.6
前半5F:
1.01.1
後半3F:
37.6
ペース:平均
54 (25+29)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 小林徹弥 57.0 2.03.6 37.6 -1--1--1--1 4 15.0 ビワハヤヒデ / ミヤシロオーバン 栗) 宮徹   496 0 8 5
02 3/4 本田優 57.0 2.03.7 36.4 -4--4--4--2 2 4.6 ダンシングブレーヴ / カムイイットー 美) 石栗龍彦 484 +4 1 1
03 五十嵐冬 57.0 2.04.2 37.2 -3--3--2--2 5 25.5 サンデーサイレンス / ウェイブウインド 美) 後藤由之 476 -4 9 6
04 13/4 小野次郎 55.0 2.04.5 36.8 -8--8--8--6 8 42.8 サンデーサイレンス / エチケット 栗) 武宏平  484 0 13 8
05 クビ 川島信二 57.0 2.04.5 36.9 -8--8--6--6 7 42.1 カーネギー / サベージレディ 栗) 南井克巳 460 +2 12 7
06 クビ 藤田伸二 55.0 2.04.6 37.2 -6--6--4--4 1 1.7 バブルガムフェロー / サクラギヤル 栗) 山内研二 486 -8 5 4
07 11/2 千葉津代 55.0 2.04.8 36.9 -8-10--9--9 13 153.1 シンボリルドルフ / ヒダカツライン 地) 堂山芳則 456 +4 4 3
08 ハナ 古川吉洋 55.0 2.04.8 36.9 11-14--9--9 10 53.7 タマモクロス / ヒカルダンサー 美) 斎藤宏  428 -4 11 7
09 11/4 上村洋行 53.0 2.05.0 37.4 -6--6--6--6 9 53.0 サンデーサイレンス / ニキーヤ 栗) 池江泰郎 468 +2 2 2
10 31/2 松永幹夫 53.0 2.05.6 37.8 -4--4--9-11 6 38.8 トニービン / エンスラーリング 栗) 古川平  452 0 10 6
11 3/4 蛯名正義 57.0 2.05.7 37.7 14-10-12-13 3 5.2 トニービン / ミシェルキー 栗) 伊藤雄二 428 +8 14 8
12 クビ 石橋脩 53.0 2.05.8 37.8 11-10-12-11 14 174.0 メジロマックイーン / トロピカルメイク 美) 平井雄二 432 -2 7 5
13 11/4 武英智 57.0 2.06.0 39.1 -2--2--2--4 11 89.3 スターオブコジーン / オオシマエリーヌ 栗) 西橋豊治 496 -4 3 3
14 3/4 加藤和宏 55.0 2.06.1 38.0 11-10-14-14 12 111.5 ピルサドスキー / ドシル 栗) 橋本寿正 484 0 6 4
単勝 8番 (4人) 15.0 枠連 1-5 (9人) 23.6 複勝 8番(4人)
1番(3人)
9番(5人)
3.2
1.8
4.0
ワイド 1-8(6人)
8-9(18人)
1-9(12人)
8.4
19.6
14.4
3連複 1-8-9 (27人) 104.2 馬連 1-8 (6人) 23.7
3連単 馬単 8-1 (17人) 61.4
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 8番シアトルリーダー(小林徹弥騎手)
「スタートでポンと出て途中からマイペースの逃げ。最後もギリギリ我慢してくれた」
2着 1番テイエムイットー(本田優騎手)
「行く馬がいれば行かせて好位置からレースをさせたいと思っていた。逃げ馬が楽をしているのはわかっていたけど、前の馬が動いてくれないし、後ろのウインジーニアスも動かないので動くに動けず。残念」
3着 9番ジェントルウインド(五十嵐冬樹騎手)
「いい流れで行っていましたが、後ろに強い馬がいるので自分から動くわけにもいかず……」
6着 5番ウインジーニアス(藤田伸二騎手)
「スタートで外からぶつけられて、一旦下がってのレースになったが、今までかかったことのなかった馬がひっかかってしまって、レースにならなかった。状態が良かったし、この結果次第で菊花賞へ行くかという素質馬だけに、とても残念だ」そうですね」いけばよかったかも知れない。でもこの馬、もっと実が入ったら強くなるよ。先々楽しみ」
3着 9番ヤマニンシュクル(四位洋文騎手)
「ペースが遅かったね。コーナーで前も開かなかったし。この馬なりにいいレースはしているが……」
4着 13番マイネルブルック(藤田伸二騎手)
「この流れなので流れに乗っていけたが、ペースが上がったところで一旦置いていかれる形。直線では伸びているだけに、もう少しレースを覚えてくれないと苦しい。素質は上の馬だと思うが」
6着 5番キョウワスプレンダ(佐藤哲三騎手)
「前に行く馬の流れになってしまった。この馬は後ろから行く馬だし、辛い流れ。前から下がってくる馬を捌くのに苦労したし、外々を周らなくてはならず、最後は止まってしまった。血統的に脆さ

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する